HomeVision ScienceNatural Science展示会情報会社概要お問い合せLink
  1. HOME
  2. Vision Science Top
  3. 視覚刺激作成装置
  4. ViSaGe
  5. > ViSaGe

ViSaGe MKⅡ

Visual Stimulus Generator
Cambridge Research Systems 社

ViSaGe MkⅡは、CRT、LCD、DLP、OLEDといったディスプレイに正確なタイミングで較正済みの視覚刺激提示が簡単に行えます。
また、ボタンボックスやアイトラッカー、モーショントラッカー、EOGアンプリファー、さらにはMRIスキャナーといった外部のデータ収集機器と同期された刺激提示をするための、確実で信頼性のあるメカニズムを搭載しています。

ViSaGe MkⅡの特徴

どのような研究プロジェクトでも、素晴らしい洞察から始めて決定的な実験を実現するまでが最も難しいところです。 そして、視覚刺激発生の方法は数多くありますが、選択を誤ると時間と費用を無駄にしてしまいます。 コンピュターグラフィックスを利用するのは明確な解決方法ですが、それでさえ、そう単純な話ではありません。 ほとんどのコンピュータ制御のグラフィックシステムはゲームのために設計されており、それらはプログラムすることが難しく、さらにメーカーサポートも受けられません。また多くの場合はそれらのダイナミックレンジは実験的用途には不十分で、コントラストと色の制御とに限られており、タイミングにおいては予測不可能です。
こういった中で、ViSaGe MkⅡは視覚と脳の認知心理物理および神経生理学的研究のための、理想的な選択肢となるでしょう。

  • Windows用のリアルタイムドライバが、100Hz以上のフレームレートでもフレーム同期した提示を保証
  • ガンマ補正や色較正を統合的にサポートする14bitカラーと輝度コントロール
  • 事前に計算した画像のシーケンスをバッファリングするための専用のPCI Expressフレームストア
  • EOGアンプのようなサードパーティ製の機器を制御するための、統合されたデジタルI/Oインタフェース
  • 柔軟性を高めるのためにMATLABプログラミングを採用。事前にプログラムされた実験用パラダイムを提示します

実績
ViSaGeは25年の開発を基づいた、視覚刺激発生器として代表的な製品です。世界中において、文字通り何千もの実験に使用されており、論文審査のある主要なジャーナルで引用されています。

高い互換性
ViSaGeはあなたの実験室の既存の装置に容易に組み込めます。また、あなたの研究ニーズにカスタマイズされたソリューションを提供するために、当社の他の製品や周辺機器とシームレスに組み合わせることができます。

正確性
ViSaGeは正確なフレームベースのタイミング、正確な輝度とカラーコントロールを行います。

使い易さ
MATLAB用のCRS ToolboxはViSaGeをプログラムするための推奨ソフトウェアツールです。そのインタラクティブなスクリプト言語は、学習することも非常に容易です。ならびにその高レベルのルーチンは、MATLABを拡張し、強力かつ使い慣れた方法でViSaGeや他のCRSの機器を制御することを容易にさせます。

視覚心理物理学エンジンは、ViSaGe用の事前にプログラムされた一連の実験用パラダイムを供給しています。シンプルで直感的なインターフェースはユーザーフレンドリーで、ほとんどの研究用途のために十分な柔軟性を備えています。

ケンブリッジ・カラーテストは、色覚欠損のために被験者スクリーニング、または色判別の変化を検査の際の迅速な手段を提供します。


特徴をさらに詳しく
仕様詳細
ViSaGe用画像提示オリジナル・ソフトウェア(NS_Software)
セットアップ・ガイドPCI EXPRESS編(PDF)
製品の詳細、価格等のお問合せはこちらへ
<お知らせ>  
2006年5月から ViSaGeは、 AGP TypeからPCI Express Typeに変わりました。
この変更に伴い、AGP用のVSLまたデバイスドライバと
PCI_Express用のVSLまたデバイスドライバの両方が存在しております。

(2006年5月現在) 現時点では、
・AGPは VSL8.005 DeviceDriver2.005
・PCI_expressは VSL8.100 DeviceDriver2.100 
となっております。

それぞれに互換がないため、誤ってInstallすると不具合が起こります。
お持ちの装置をご確認の上、十分に気をつけてInstallして下さい。


セットアップ・ガイド
 AGP編
(PDF)
Firmware Update
(PDF)
SDL
Stimulus Description Language VSG用簡易言語
SDLはVSGまたViSaGe環境下でご利用いただく開発言語で、プログラムの知識がなくとも容易に刺激を提示することが可能です。
SDLのページへ
簡易ヘルプ ダウンロード

Metropsis
視覚テスト
Metropsisは、色覚異常のテストソフトや被験者のコントラスト感覚を測定するSoftwareです。
Metropsisのページへ

VSG プログラムLink
日本女子大学 心理学科 岡本安晴先生
 〜VSGの道具箱 Delphiを利用したプログラムのSampleがあります。
VSGプログラムメモ
 〜VSGのいくつかのFunctionをご説明しております。

VSG2/5※2003年 生産終了 (現在はViSaGeの生産に伴い販売しておりません。)
Visual Stimulus Generator
Cambridge Research Systems 社
このページでは、VSG2/5ご利用のお客様へセット・アップや関連部品等に関する情報をご紹介しています。
VSG2/5のページに進む
製品の詳細、価格等のお問合せはこちらへ
[視覚刺激作成装置]Top へ戻る
お問い合せ
ナモト貿易(株)
計測機器事業部
千葉県市川市南大野
1-44-1 2階
TEL 047-338-3224
FAX 047-338-3236

www.namoto.com
Copyright (C) 2014 Namoto Trading Corporation. All Rights Reserved.
弊社 ナモト貿易ホームページ の掲載記事・写真・図表など許可なく利用すること(複製、無断転載)を禁止します。

M